HOME >> Report-活動報告 >> 「活力ある生涯のためのLast 5Xイノベーション拠点」第3回シンポジウムを開催しました。

Report-活動報告

「活力ある生涯のためのLast 5Xイノベーション拠点」第3回シンポジウムを開催しました。

2015年5月25日(木)、京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホールにて、本拠点の今年度の活動報告の場として、第3回シンポジウム(主催:京都大学COI拠点研究推進機構)を開催しました。
また、当日は当拠点の新しい開発拠点である「京都大学 国際科学イノベーション棟」の開所式が同時開催されました。

【第3回シンポジウム】
http://www.coi.kyoto-u.ac.jp/event20150525

当日は100名を越える学内外の方々にご参加頂き、本拠点の活動についてご理解いただくとともに、ご意見をいただく事ができました。

当拠点のプロジェクトリーダー野村剛(パナソニック株式会社 常務取締役)の開会挨拶に始まり、COI STREAMビジョン1松田譲ビジョナリーリーダー(加藤バイオサイエンス振興財団理事長)、鈴木一弥 京都府商工労働観光部 特区推進監、白須正 京都市産業戦略監より来賓のご祝辞を賜わりました。
続いて、「規制緩和の進捗とイノベ―ションへの期待」と題して内閣府規制改革会議委員・株式会社日本総合研究所 翁百合副理事長による基調講演が行われました。

その後、拠点内の各グループ毎の活動や研究開発についての講演が行われました。

【各グループ毎の発表内容】
【各グループの発表内容】
・第1グループ:電動車両向け無線送電システムの開発
安間 健一(三菱重工業株式会社 宇宙・防衛ドメイン 宇宙利用推進室 主任技師)
・第2グループ:没入型仮想環境を用いたインタラクションの促進とモニタリング
西田 豊明(京都大学大学院情報学研究科 教授)
・第2グループ:軽度認知症高齢者とその介護者の自宅生活を支え続ける住空間
甲田 拓(パナホーム株式会社 住宅・技術研究所 リーダー)
・第3グループ:コホート参加者への公開ポータルシステムの実現とデータ利活用への道筋
八田 泰秀(日本ユニシス株式会社 執行役員 ビジネスイノベーション推進部長
・第4グループ:災害及び在宅に対応した血液浄化装置の開発の現状と今後の予定
斎尾 英俊(ニプロ株式会社 医療器械開発営業部 課長)

シンポジウム開催後には、本拠点グループ2に参画中の京都大学大学院 情報学研究科 西田豊明教授により、全周没入型仮想環境(ドームディスプレイ)の体験型デモンストレーションが行われました。

ご来場いただいた皆様、講演者の皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。

KCOI第3回シンポジウムの様子

上段左から:野村プロジェクトリーダー、松田氏、鈴木氏 / 下段左から:白須氏、翁氏、小寺教授

KCOI第3回シンポジウムの様子

グループ毎の研究報告 上段左から:安間氏、西田教授 / 下段:甲田氏、八田氏、斎尾氏

国際科学イノベーション棟 開所式の様子

国際科学イノベーション棟 開所式の様子

  • 文部科学省へリンク
  • COISTREAMへリンク
  • JSTへリンク
PAGETOP